2012年10月

2012年10月24日

rroyce2 at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月12日

91式携行地対空誘導弾






91年にアメリカがイラクを侵略した頃、防衛大学を出てサラリーマンになった人から、この91式のことは聞いていた。

「日本の携行対空ミサイルは画像で追尾するんですよ。東芝製です。」「じゃぁ、フレアー撒き散らしても駄目なのかな」こんなことを教えてくれたのに、戦車の防弾アーマーについては全く知らなかったようだ。(セラミック製のとか、爆薬が付いていて、敵弾丸やミサイルを爆破して防ぐ)




この映像を見ると、スティンガーより高性能ではないだろうか。VT信管が装着されている弾頭ではないので、直撃しなければ敵機を破壊できない。実験に使われたドローンは、実際の戦闘機やらヘリコプターよりかなり小さい。
イラクで空港に着陸寸前のアメリカ大型輸送機に対して、ロシアの携行ミサイル、「ストリラ」を発射したのに外れたり、2発目はエンジン付近で炸裂したも、単にエンジンを小破させ、火を吹かせるに留まり、無事に着地してしまっていた。

91式、今はもっと命中率も上がっているだろう。大量生産して、単価を下げるべきだ。万歳日本!!

rroyce2 at 01:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)