2012年04月06日

フレンチ TRC Tokyo Replica Corporation

中田のフレンチは、分解も組立てもすんなりとはできない嫌なモデルガンだ。

スライドを少し引いて、スライドストップを引き抜く。そしてスライドを取り外そうとしても中でバレルか何かが当たって外れない個体も多い。

そんな時は、スライドストップの穴から細い金属棒を入れて、バレル下部が見えるからそれを押し上げれば外れる。

これ以上はやらないほうが無難だろう。リコイルスプリングガイドが亜鉛製で、本来は鉄で作るべきなのだが、華奢すぎてすぐに破損する。

スライドを組み込んで、スライドストップをはめ込むのがまた難儀する。
リコイルスプリングガイドの穴がバレルのショートリコイルの為の溝より奥に行ってしまうので、またリコイルスプリングが強力なので、スライドストップのシャフトを上手くガイドの穴に通すことが容易ではない。
右のスライドストップ用の穴から金属棒を差し込んで、ガイドの穴の前縁に引っ掛けて、前方に押しつつ、スライドストップを左から強く差し込まなければならない。ガイドの穴が開いてる部分の厚さがとても薄いので、困難きわまる作業。
頻繁に、いや1回でも分解をしてみようと思ったら、バレル下部と同じ長さで、直径はスライドストップのシャフトと同じ木かプラスチックの丸棒をあらかじめリコイルスプリングガイドの穴にバレルを通して挿しておき、そこにスライドストップを入れていけば簡単に固定できるだろう。
まぁ、分解説明図にも細かくは書いていないので、色々と苦労する。無理に分解して破損させてしまった固体もたまに見かける・・。

French 中田 011


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



rroyce2 at 20:15│Comments(0)TrackBack(0)中田商店 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔