2014年06月14日

浜田式 





ANNはさすがだな、何が貴重か良く判っている。他のテレビ局の映像では、押収された拳銃の全体の画像は同じものを使っていたが、大写ししたのはそこには含まれない別のデリンジャー様回転式古式拳銃だった。


この方は、1998年にアームズマガジンの読者売買欄にモデルガン売り物リストを出していて、当時それを請求してみた。リストには、アームズには書かれていなかった六研のAR-18、トンプソンがそれぞれ25万円で載っていたりしたけど、既に持っていたから他に数点、安い現行商品を弄り回すには手ごろだったので、「どれそれを買いたし」と手紙(当時はまだネットをやって無かった)を出した。リストには、怪しいと感じられるモデルガン、実銃の類は皆無だった。先に買われてしまったのか返事は無かった。  モデルガン友人も手紙を出すと、暫らくして京都府警から問い合わせの電話があったとの事。その友人も何も買ってはいなかったのだが、何かしら取り引きをしたのではないかと確認されたらしい。非常に用心深かったから、六研を買おうとして住所を調べたら私書箱と判ったので、詐欺の可能性もあるので話を進めなかったのが幸いした。私は当時の事件も知らなかったから、府警が電話してきた理由も尋ねると、アメリカ辺りのレプリカ古式銃(この場合のレプリカは、年代物の実物は高すぎるし、実射には向かないから安く実射を楽しむ為に製造された物)の弾倉を密輸したとかいう話だった。「そう言えばそんな事件が新聞に出ていた、警察官だろう?」「林田は偽名だった。」友人の知人はこの人と関わったことををきっかけに家宅捜索もされたらしい。横浜在住の人。具体的な容疑は不明。

しかし、浜田拳銃まで手に入れていたとは畏れ入る。アメリカではどれくらいで取り引きされるのだろう。南部は掃いて捨てるほど転がっている。

rroyce2 at 19:43│Comments(0)TrackBack(0)銃刀法違反事件 | 実銃

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔