中田商店

2013年04月21日

重たすぎる中田トカレフ。藁

rroyce2 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月27日

海外版 中田フレンチ ハイパワー CMC ダイアモンドバック

フレンチは、海外検定刻印入り。HPは輸入された時期から、王冠は付いているが、それは付加されていない。CMCは王冠も付いていない。手に入れられるかどうか。続きを読む

rroyce2 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月04日

中田トカレフ 王冠付き B0061

良番でないにしても、若い番号は印象深い。続きを読む

rroyce2 at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月07日

中田 モデルガンの箱

たまにしかYahooに出ないモデルの鮮明な箱の写真。続きを読む

rroyce2 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月04日

詳細不詳のパーツ群

Yahooに出ていたMGのパーツ群の1グループ。
誰だよ、異常に競ってきたやつは???泣きだぜ

1は中田フレンチ ファイアリング・ブロック  ハンマー
2はMGC コルト ガバメント初期亜鉛製ファイアリングブロックに組み込むエキストラクターと、同中期の後撃針式モデルの撃針、バレルリンク(中田トカレフのかも?)
3はMGC ステンのボルトノブ
4は中田 ブローニングHP エジェクター

大体、以上のように見当をつけていた。
番号を振っていない小さな部品は何でも良い。

X1,X2は何だか判らなかった、がP-38のトリガーバーに似ているのでもしやと思ったらMGC MJQ P-38 BLKのそれとエキストラクターだった。

kyonchan200591-img600x450-13353437567unm9k81874































GM1 BLK部品表。BLKモデルではない手動式モデルもこれと同じ撃針を付けて、通常マガジン、ディスコネクター無しで売られていた記憶がある。

002

rroyce2 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月14日

中田 エンフィールド 発火済み 再出品 藁

A





















3月にこれの他に数丁出品していたが、Yahooに削除され、他のMG以外のガラクタも一気に削除され、ID停止になっていた。
今日また別IDで出品、130000円即決。

WS000010




















4f55a4887e0cd4f55a47b3070eEnf (1)



















Enf (2)



















Enf (3)



















WS000011



















箱は珍しいけど、発火済みで状態は余り良いとは言えない。

rroyce2 at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月09日

中田 ワルサー ミリタリー 初期  海外確保


先ほど、海外の中田P-38を確保した。右のスライドに
Nakata Toyの刻印のある、尻尾が固定されたガラモンだ。でも状態は良さそうだ。

続きを読む

rroyce2 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月08日

中田 ワルサーP-38 エキストラクター可動式 大笑い

Yahooに出ている。刻印にNakata Toyが入っていたモデルの後、しばらく可動式エキストラクターだったそうだ。これを見ると、色が違っているし、先の方に飛び出している様子がわかるので、ダミーながら可動式だったと言うことだろうか、それとも実際にエキストラクターの働きもしたのだろうか。珍品なことは確かだ。

38 (1)38 (2)



















38 (3)



















マルサンの怪獣人形、ガラモンの初期発売、可動式尻尾のことを書こうか、以前にも書いたし、と思ってP-38の出品を見直したら、同じ人が、復刻版の尻尾可動ガラモンを出品していた!!初期本物ガラモンの状態の良いのは100万円位か??????六研ガバが買えちゃうよ〜〜藁
WS000000






















hibernate383ike-img600x450-1333809189de6esd55948





















hibernate383ike-img600x450-1333809189buts1855948



rroyce2 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月06日

フレンチ TRC Tokyo Replica Corporation

中田のフレンチは、分解も組立てもすんなりとはできない嫌なモデルガンだ。

スライドを少し引いて、スライドストップを引き抜く。そしてスライドを取り外そうとしても中でバレルか何かが当たって外れない個体も多い。

そんな時は、スライドストップの穴から細い金属棒を入れて、バレル下部が見えるからそれを押し上げれば外れる。

これ以上はやらないほうが無難だろう。リコイルスプリングガイドが亜鉛製で、本来は鉄で作るべきなのだが、華奢すぎてすぐに破損する。

スライドを組み込んで、スライドストップをはめ込むのがまた難儀する。
リコイルスプリングガイドの穴がバレルのショートリコイルの為の溝より奥に行ってしまうので、またリコイルスプリングが強力なので、スライドストップのシャフトを上手くガイドの穴に通すことが容易ではない。
右のスライドストップ用の穴から金属棒を差し込んで、ガイドの穴の前縁に引っ掛けて、前方に押しつつ、スライドストップを左から強く差し込まなければならない。ガイドの穴が開いてる部分の厚さがとても薄いので、困難きわまる作業。
頻繁に、いや1回でも分解をしてみようと思ったら、バレル下部と同じ長さで、直径はスライドストップのシャフトと同じ木かプラスチックの丸棒をあらかじめリコイルスプリングガイドの穴にバレルを通して挿しておき、そこにスライドストップを入れていけば簡単に固定できるだろう。
まぁ、分解説明図にも細かくは書いていないので、色々と苦労する。無理に分解して破損させてしまった固体もたまに見かける・・。

French 中田 011
続きを読む

rroyce2 at 20:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)